一家そろって新居へ|引越しを安い費用で探しているなら此処を要チェック
メンズ

引越しを安い費用で探しているなら此処を要チェック

一家そろって新居へ

家族

注意する点は何でしょう

家族の引っ越しは手続きと荷造りを同時進行する必要があります。やることをリスト化して、家族で分担するようにします。最優先することは子供の学校です。公立の小学校、中学校は担任の先生に報告し、必要な書類を揃えてもらいます。手続きを速やかに行わないと学校に通えなくなってしまうので注意が必要です。まず、引っ越し先に持って行くものと処分するものに選別します。不用品は粗大ごみとして処分するだけでなく、リサイクルショップも活用します。荷造りは季節外れのものや使わないものから行います。タンスは下の段から箱詰めしないと、引き出しが開かなくなります。箱詰めはカテゴリーごと、アイテムごとにまとめます。箱の外側に中身を記載しておきます。箱は自分で持てる重さにします。

プランを検討します

引っ越しは複数の業者に見積もりを取ってから、1社に決定します。プランによって料金が異なりますので、プランの内容を十分に検討します。子供が小さい場合や高齢者がいる場合は荷造りも業者に依頼できるプランも良いでしょう。家電の梱包は引っ越し業者が行います。洗濯機や冷蔵庫はコンセントを抜き、水抜きをしておきます。段ボールの総数を数えておき、降ろし忘れがないか確認します。引っ越し荷物の搬入、ガスの開栓は立ち合いが必要です。家族で誰が立ち合いをするのか決めておきます。大きな家具の配置を決めます。各自で荷解きを行います。新しく購入する家電の受け取りや立ち合いなどで家を離れることは出来ません。家族の食事はあらかじめ用意しておきます。簡単に食べられるおにぎりやパンなどが良いでしょう。